会社のブログ

「LPS」知ってますか?

システム・設計 自己紹介へ
2021/12/13(月) スタッフブログ

LPSは免疫力アップに有効とされる成分でグラム陰性細菌という種類の細菌の外膜を構成する成分らしいです。

グラム陰性細菌には多くの種類が存在し、お酢を作る酢酸菌やテキーラを作るザイモモナス菌、病原菌としてはコレラ菌やサルモネラ菌などがよく知られています。

また、LPSが入ったサプリメントなどの健康食品では、ライ麦パンなどに含まれるパントエア菌のLPSがが利用されることが多いそうです。これらの細菌が持つLPSは口から食べても皮膚に塗っても安全であることが確認されているそうです。

このLPSは私たちのごく身近にある物質だそうです。LPSが多く存在する場所としては土の中があげられ、土に根を下ろして育つ植物にもつきやすく、野菜や穀類、海藻に多く含まれるそうです。

免疫とは細菌やウイルスなどの異物から私たちの身体を守るシステムです。
免疫細胞の中でもマクロファージという細胞の働きは重要らしいです。

マクロファージは体内に侵入した異物や細菌を見つけ出し、食べてしまう能力を持っているそうです。体内で毎日発生している癌細胞も食べてくれているらしいです。

LPSはこのマクロファージを活性化させる力がとても強いらしいです。

活性化したマクロファージは異物をキャッチして食べる能力が向上し、体内に侵入した細菌やウイルスが感染を拡大して病気になるのを防ぐ効果が上がるらしいです。

マクロファージの活性には以下の3段階があるそうです。
①活性が鈍い状態-マクロファージの働きが衰えた状態(加齢やストレスが考えられる)
②プライミング状態-LPSを口から摂取すると移行するスタンバイ状態
③「戦う」or「鎮める」状態

私たちの体は異物と遭遇したときにいち早く排除することが大切です。
そのためには、マクロファージがプライミング状態であることが重要です。
体に異変があってもすばやく対応できるようになるからです。

LPSはマクロファージをこのプライミング状態に移行する効果が強いらしいです。

私は健康維持や回復を期待して、LPSを多く含む食べ物やサプリを利用してみようと思っています。

上記はネットからの情報であり間違っている情報もあるかもしれません。
興味がありましたら「LPS」で検索していただき、ご自身の判断で理解を深めてもらえたらと思います。


伊平板金工業所は安心と信頼の柏崎板金工業組合・新潟県板金工業組合・全日本板金工業組合連合会加盟店です。

記事一覧

1ページ (全14ページ中)

ページトップへ