伊平板金工業所 > 特集記事・ニュース > 安心できる・信用できる・良心的な業者の選定方法

安心できる・信用できる・良心的な業者の選定方法

あなたは、どんな業者に仕事を頼みたいですか?

①安心できる業者、②信用できる業者、③良心的な業者。
そうですね、この3つに当てはまる業者なら誰でも仕事を頼みたいですよね。
では、その業者を探すにはどうしたらよいのでしょうか?
一番手っ取り早いのは、親戚・友人・会社の同僚・ご近所等の知人からの口コミですよね!
これらの口コミは、その人が感じる個人的な印象ではありますが、たくさんの人々から聞いた評判が、「あの業者なら大丈夫!」となれば、概ね安心できる・信用できる・良心的な業者と判断できるのではないでしょうか。
まずは、知人からの口コミで調査してみましょう!

できるだけ、多くの口コミを集めましょう!
口コミ調査の結果、工事を依頼しようと思っていた業者の評判が良くなかった場合や、他にも安心できる業者を知りたいと思った場合どうしますか?
ホームページを開設している業者であれば、ホームページからその会社の情報を少しは垣間見る事ができるかも知れません
が、まだまだ建築業界でホームページを開設している業者は少ないのが現状です。


新聞広告等の各種宣伝媒体により業者を知る事もできますが、広告だけで本当に安心して信用できる良心的な業者を見つける事ができるでしょうか?
なぜならば当然の事ですが、業者は広告に自社イメージがマイナスになる様な事柄は掲載しないからです。
では、「どのようにしたら知ることができるの?」
そんな疑問にお答え致します。
その前に、安心できる・信用できる・良心的な業者の条件って何でしょうか?

新築工事を依頼し工事が着工されました。工事途中で業者が倒産しました。
その一言で済ます(許す)事ができますか?有り得ない話ではないのです。
皆様は口コミを収集すると同時に、倒産しない業者、つまり財務内容がしっかりしていて安定している業者を探さなければならないのです。
一般の方でも、業者の財務内容を調べることは不可能ではありません。しかし、時間と労力、時にはお金も掛かります。つまり難しいのです。

倒産の危険性がある業者だと知らずに住宅を注文してしまい、結果として工事中に業者が倒産してしまった場合の後始末が、いかに大変であるかという、テレビ番組が以前NHKで放映されました。こうした被害に遭わないための警鐘番組です。

業者の財務内容を調べる比較的簡単な方法

先程も言いましたが、実際に業者の財務内容まで調べる事は容易ではありません。しかし比較的簡単な方法が2つありますのでご紹介致します。


1.取引のある金融機関(銀行・信金・信組等)の担当者にさりげなく聞いてみて、担当者の反応で判断してみましょう。

 

そこなら大丈夫だと思いますよ。
高確率で安心かと思われます!

 

そういった質問には、お答えできない事になっています。
要注意かも知れません!

2.インターネットを利用して業者の業績を調べてみましょう。
公共工事に参加している業者であればインターネットを利用して、ある程度の業績を調べる事ができます。

以下のページより検索可能です。
※商号名称(会社名)での検索が簡単かと思います。

↓↓↓
財団法人 建設業情報管理センター経営審査事項審査結果の公表
以下は上記より検索した弊社の経営事項審査結果です。
赤枠で囲った項目を特に重点的にチェック(比較・検討)される事をお勧め致します。
経営事項審査結果

経営事項審査結果の公表について

公共工事入札参加希望者選定手続きの透明性の一層の向上による公正さの確保、企業情報の開示や相互監視による 虚偽申請の抑止力の活用といった観点から、平成10年7月1日に申請された審査基準による経営事項審査の結果から 公表することになり、財団法人建設業情報管理センター(CIIC)では、12月からホームページによる公表を実施しています。公表する内容は、経営事項審査の結果通知書の内容と同様、総合評定値及び完成工事高等の審査項目ごとの数値・ 評点となっています。

※財団法人 建設業情報管理センター ホームページより