伊平板金工業所 > 稼動中の工場屋根のリフォーム > リフレッシュ工法 エバールーフやまなみ1型・2型

リフレッシュ工法 エバールーフやまなみ1型・2型

〜スレート改修用カバールーフ無塵工法〜

製品名 メーカー 詳細情報(仕様/価格等)・最新情報
リフレッシュ工法 エバールーフやまなみ1型・2型 株式会社 セキノ興産 問合せ先  セキノ興産販売ネットワーク

■エバールーフ やまなみ1型

●既設のスレートを剥がさず工期を短縮

改修工事中も操業・営業が可能です。既設スレートの撤去費用と産業廃棄物処理費が不要です。

●耐久性に優れた屋根

使用する原板は高品質な鋼板を使用していますので、耐久性が抜群です。

●安全な作業環境

転落防止ネットの使用により、安全な作業環境を実現します。

●設計参考仕様

使用原板板厚 0.5〜0.6mm
使用原板巾 914mm
働き巾 650mm
m²当り必要m数 1.54m
断熱材 ポリエチレンフォーム4mm裏貼り
(オプション)
軒先R加工 可能

●断面形状

エバールーフやまなみ1型断面形状

●締結部

エバールーフやまなみ1型締結部

●単位質量表

板厚 GLベース(AZ150) 亜鉛鉄板ベース(Z27)
mm kg/m kg/m² kg/m kg/m²
0.5 3.77 5.80 3.87 5.95
0.6 4.49 6.91 4.58 7.05

■エバールーフ やまなみ2型

●葺替工事がスピーディ

エバールーフやまなみ2型は、なめらかな形状で、重ね代もスムーズに納り仮葺きもスピーディ、作業性が一段と向上します。

●タイトフレームが不要

母屋に直接留め付けるためタイトフレーム関連の工事が省略され、工期の短縮をはかります。

●優れた水密性

かんごう部は二股ワッシャーにより、確実に山部中央へビス打ちができ、敷込み側の大きな水密空間で風雨を減圧させることにより、優れた水密性を発揮します。

●軽量で屋根耐力が向上

大波スレート(約14kg/m²)に比べて5kg/m²と軽量なため、躯体への負担も軽減され、地震時の耐力も向上します。また、下地の古い屋根との二重構造で、丈夫な屋根に仕上がります。

●多彩なカラーデザイン

原板は耐食性、耐候性に優れたガルバリウム鋼板をベースにした塗装鋼板ですから、色調、デザインとも自由な選択が可能です。

●断面形状

エバールーフやまなみ2型断面形状

●締結部

エバールーフやまなみ2型締結部

■附属部材

通し母屋固定金具 締結部材 ケミカル面戸
サドルA
サドルA
サドルB
サドルB
専用ナット
専用ナット
ナベ頭
5×16
ナベ頭5×16
ステンキャップ6×60
ステンキャップ6×60
CS-9
(下面用)
ケミカル面戸CS-9(下面用)
CS-11
(棟部溢止用)
ケミカル面戸CS-11(棟部溢止用)
通し母屋
通し母屋
クイックサドルCS-50
(日鉄鋼板製)
クイックサドルCS-50(日鉄鋼板製)
軒先カバーCS-5
軒先カバーCS-5
エプロン面戸
エプロン面戸
明り採りCS-12
(FRP製)
明り採りCS-12(FRP製)
タイトフレームCS-13
(明り採り用)
タイトフレームCS-13(明り採り用)

●施工手順

※無塵工法(間接固定工法)は、雪止め金具の使用及び多雪地域には使用できません。

エバールーフやまなみ施工手順1 エバールーフやまなみ施工手順2 エバールーフやまなみ施工手順3 エバールーフやまなみ施工手順4
1.
既存スレート屋根の上に、転落防止ネットを取付けます。
  2.
既設フックボルトに通し母屋固定金具、専用高ナットを取付けます。
  3.
通し母屋固定金具の上に、通し母屋を取付けます。
  4.
カバールーフやまなみ本体を順次葺いていきます。

改修前
改修前
改修後
改修後
クイックサドル
クイックサドル
転落防止ネット(オプション)
転落防止ネット(オプション)
転落防止ネット(オプション)
転落防止ネット(オプション)